MENU

Amazonの箱が潰れやすい理由!衝撃の事実が判明!?商品が破損した場合の返品方法もご紹介!

Amazonの段ボールがボロボロになっていた

皆さんはAmazon(アマゾン)を使用したことがありますか?
筆者自身よくAmazonでお買い物をするのですが
届いた荷物がボロボロに・・・なんてことがよくあります。

なぜ高頻度でボロボロ状態の荷物が届いてしまうのでしょう。

今回の記事では、

  • Amazon段ボールが潰れやすい理由
  • ネットでの反響

こちらについてお届けしていきます!

目次

Amazonの段ボールがいつも潰れている理由

Amazonの段ボールがボロボロで届いた!この口コミをよく目にします。
なぜあんなボロボロになっちゃっているんでしょうか?
この理由について調査を行いました!

梱包さんがバイトだらけ

Amazonの梱包担当者はほとんどの確率でバイトが実施しています。
また、毎日何千もの梱包作業を行うバイトさんは
疲労が溜まる中、お客様目線を忘れがちになっているのでしょう。

実際に友人から聞いた話では
もう流れ作業でこなしちゃってるみたいです・・・。

正社員なら「Amazon」に勤めているというプライドを持って
梱包しそうですが、バイトさんなら仕方がないのかも知れません・・・。

無駄に大きい段ボール

商品と段ボールの比率おかしいでしょ!
なんてことが多々あると思います。

こちらの理由は「作業の効率化」によるものらしいのです!

Amazonで扱っている段ボールの種類は少ないです。
段ボールのサイズを少数で標準化することで=効率UPを行っているのです。

なぜ効率がアップするのでしょうか?

理由としては「作業の単純化」が目的とされているそうです。

商品ごとに合った段ボールサイズを選定していては
とてもすべての注文を捌ききれません。

また、段ボールサイズを少数で標準化することで
バイトさんへの教育も短時間で行えるという利点もあるみたいですよ!

段ボール破損防止にもなる!はずだった

使用する段ボールの大きさを少数で標準化することで
輸送用貨物トラックに積む際、段ボールと段ボールの間の隙間を少なくできます!

段ボールの大きさがバラバラだったら、無駄な隙間が生まれ
最適にスペースを使用出来ないですもんね・・・

またスペースを詰めることで
荷物の横揺れを軽減し破損防止に務めているそうです!
(対策してこの潰れ具合かよ!ってなった方はごめんなさい)

Amazonの利益のため!

物流費の請求は積載量(大きさ)と重さで決まる場合がほとんど。
小さくて軽量な品物は重さよりも体積で換算した方が儲けが出るそうです。

実質数十円程度の差ですが
塵積で考えると、年間ではかなりの収益になりますよね。

そう考えた場合、品物に合わせてわざわざ箱を小さくすると
配送料の面でも会社側としては損をする結果になります。

その結果、必要以上に箱が大きくなる流れになるそうです。

豆知識としてアマゾンの箱の大きさは商品に応じてコンピューターが自動的に判断しているそうで、箱の種類は合計25種類は用意されているそうですよ!

商品の返品方法

梱包が雑なことで
中身の商品が破損しちゃった場合の対応をご紹介します。

ネットでの反響

Amazonの荷物に関するSNSでの反響を見てみると
かなりの悪評が付いていることが判りました。

中には佐川急便の搬送が雑!って話も話題になっていますが
根本的にAmazonの段ボールが脆い!の一言で終止符を打ってますね。

まとめ

今回はAmazon段ボールがボロボロになってしまう理由について
記事にしました!

改善を要望しても
現在は回答を得れないようですので
Amazonでお買い物をする時は要注意のようですね・・・

あまり高価なものは
Amazonで購入しないほうが良いのかも知れません・・・

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる